李洛淵との面会は「最後通告」の場にすべき

※李洛淵が来日して安倍首相と面会するならそれは「最後通告」の場であるべき。
 
天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に韓国からは首相の李洛淵が出席し、安倍首相と面会する方向なのだと言う。
 
本来ならそんな対応などしてやる必要など全くないし、百歩譲って面会してやるにしても「最後通告」の場であるべきだろう。一連の日韓関係悪化の根本的な原因は
 
「韓国が国際法を遵守しない」
 
と言う点に集約される。日本の韓国に対する一連の措置は全てそれが理由であり、韓国がその撤回を望むのであれば
 
国際法の趣旨に沿ったどんな対応をするのか」
 
を安倍首相に対して明確にしなければならない。だが、日韓関係悪化の発端となった「韓国大法院の異常判決」からまもなく1年が経とうとしているが、韓国の要人の誰一人として日本側が明確に
 
国際法遵守の姿勢を見せよ」
 
と言う問いに明確な回答をしていない。安倍首相も
 
※ここまでハッキリ言っても判らない。それが韓国。
 
と、ストレートな表現で何度もそれについて言及しているが、これでも「事の本質」を理解出来ないと言うなら、韓国とは「話し合う価値がない」と認めているに等しい。李洛淵は文在寅政権きっての「知日派」だと言うが、来日して持ってくる話が以下の朝鮮日報の記事の通りなら
 
「話にならない」
 
レベルであり、同時に「知日派」看板を返上すべきであろう。
 
 
李洛淵が来日して安倍首相伝えるメッセージとは
 
「11月中の日韓首脳会談開催」
 
の打診なのだそうだ。11月にはASEAN+3やAPEC、と言った首脳外交を行う機会があり、その場を利用して首脳会談にg漕ぎ着け、事態を打開しようと言う肚なのだろう。だが、日本は
 
「韓国側が国際法遵守の具体策を明確にしない限り首脳会談には応じない」
 
と言うスタンスである。それはメディアの報道などを通じて韓国側にも伝わっている筈だ。と、なれば李洛淵が来日して文在寅からのメッセージを持ってくると言うなら、当然その具体策が明確になっている事が大前提だ。だが、韓国メディアの報道を見ても「日本側が求める回答」について触れた報道はない。理由がどうであれ、「用意出来ない」にしろ、最初から「用意するつもりがない」にしろ、そんな「手ぶら」で来られても安倍首相からすれば「時間の無駄」にしかならない。それでも「敢えて面会する」事に意味を見出だすなら「最後通告」をする場として面会を設定するとしか考えられない。
 
※こういう対応で十分。
 
日本が韓国に対して切れる「カード」には幾つか候補がある。例えば信用状発行停止や、ビザ厳格化、在日特権剥奪や貿易保険の適用除外など、「韓国に痛みを与える」手段はまだまだ十分ある。それらの幾つか、もしかしたら我々の想像の遠く及ばないレベルの強烈な「隠し玉」かも知れないが、李洛淵に面と向かって持ってきた提案を悉く拒否し上で、「期限を切って」対応が進展しなければ制裁発動、とでも言ってくれれば我々としても多少は溜飲が下がる。そういう意味での「面会設定」であればここで李洛淵と面会する意味は出てくるが、果たして本当にそうなるのか?要注目である。
 
※李洛淵は相応の覚悟で安倍首相との面会に臨むべきだ。
 
韓国側が「11月中の首脳会談」拘るのはGSOMIAの期限が11月22日までだからであろう。破棄を表明したものの、アメリカへの顔向けもある。また本音は
 
「GSOMIA破棄が嫌なら日本が譲歩を」
 
と言う事なのだろうが、そうだとすれば韓国は「何も判っていない」事になる。
 
GSOMIAが無くなっても日本は別段困らない。北朝鮮のミサイル発射の兆候や発射地点の特定は韓国からの情報がなくてもアメリカの早期警戒衛星からの情報を得られるので支障はない。また、自衛隊の機密情報が支那北朝鮮に流出するリスクも小さくなる。一方、韓国軍のミサイル追尾能力には疑問符が常に付くのでGSOMIAが無くて困るのは韓国軍の方だ。
 
しかも「GSOMIA破棄撤回」と「対韓輸出管理体制強化の撤回」が取引材料になる、と思っていると言うのが呆れを通り越して笑える。朝鮮日報の記事でも
 
韓国政府内には「11月22日より前に両国首脳が会って和解ムードになれば、韓日がそれぞれGSOMIA破棄決定や対韓輸出規制措置を撤回できるモメンタム(勢い)が出てくるだろう」との見方がある。〉
 
とか、
 
〈東京の外交消息筋は「GSOMIAと輸出規制措置がセットで協議されれば、両国の和解ムードは急速に進む可能性がある」〉

なんて記述があるが、これを本気で言っているなら相当なお気楽ぶりである。
 
※韓国側の提案などこの程度。
 
そもそも「GSOMIA破棄撤回」と「輸出管理体制強化の撤回」は利害が噛み合わないどころか韓国にメリットはあっても日本にメリットはどちらもない。取り引きの材料になる要素からしてないのだが、そんな交渉を持ち掛けて来ようと言う時点で発想からして狂っている。相手が李洛淵だろうが文在寅だろうが話は同じで会って話をした所で韓国側の期待する様な展開には決してならない。また、仮に韓国側が日本側が納得できる解決案を持ってきたとしても、それは「実行して当たり前」の話なのであって、それで今までの言動で失った信頼関係が「元通り」になる訳ではないのだ。
 
この程度の交渉術しか持ち得ないのであればやはり「相手にする必要性」はない。韓国側がこの面会で日本が納得できる解決案を持って来る事は期待できないのだから、やはりこの場は「最後通告」を突き付ける場とすべきであろう。そうなる事、そして「戦慄ものの」対韓制裁の発動を期待したい。