これは「闇」なのか?

新型コロナウイルス、更にそれに伴う他国でのマスク買い占めなど「迷惑をかける」事には他者の追随を許さない支那だが、その「闇」を感じさせる記事である。
f:id:sennenryuuou:20200131113346j:plain
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00000005-reut-cn

新型コロナウイルスの発生源の武漢市の隣に黄岡市なる市があるらしいのだが、その保健当局のトップが国営テレビのインタビューに対して

「病床数は把握しているが、治療を受けている人数については私に質問しないでくれ」

と、回答を拒否、その数時間後には早速更迭されていたと言うから対応が早い、と言うか妙に手際が良い。

通常の感覚で考えれば、保健当局トップともあろう者がそれを知らないとは考え難い。恐らく彼は実態を把握しているのだろう。だが、正直にそれを発表すれば更なるパニックを引き起こす。かと言って嘘や出鱈目な過少数値で言い逃れも出来ない。バレたらそこまでだからだ。だからこういう回答しかしようがないのだろう。

だが、そういう対応まで上層部の掌中だったとしたら、真実を隠蔽すべく「ハメられた」可能性も有り得る。そもそもこの国の場合、国営テレビのインタビューの質問など、上層部の代弁にするなど朝飯前。また、一地方の保健当局トップなど「北京に都合の良い発表をする」為の代弁者に過ぎないだろう。つまり、インタビュー自体が最初から「出来レース」とも言える。

そこでこの保健当局トップの発言が「北京の意向に沿わない」からこそこうなったのではないのだろうか?判断は簡単だ。

「北京の用意した台本通りか否か」

だけなのだから。