巧言令色、荒唐無稽、我田引水、曲学阿世、自家撞着、牽強付会、羊頭狗肉の輩

イメージ 1

韓国では3月1日は3・1独立運動の記念日らしい。韓国のナショナリズムの起源とも言われるようだが、朴槿恵が演説で日韓関係にも言及した。以下はその要旨。

「韓国と日本は来年、国交正常化から50年を迎える。両国は価値と理解を共有し、北東アジアの平和と共同反映のため、緊密な協力関係を発展させてきた。
 過去の辛い歴史があるにもかかわらず、両国が関係を発展してきたのは平和憲法に基づいて周辺国と善隣友好関係を構築し、「村山談話」と「河野談話」などを通じ殖民支配と侵略を反省し、未来に進もうとした歴史認識があったためだ。
 歴史認識はその国が進むべく未来を示す羅針盤だ。過去の過ちを振り返らないと新しい時代を開けず、過ちを認めない指導者は新しい未来を切り開けないというのは当然だ。
 真の勇気は過去を否定することではなく、歴史を直視し、育つ世代に正しい歴史を教えることだ。日本政府が正しく勇気のある決断を下すべきだ。
 特に、一生を苦しんできた、55人しか残っていない慰安婦被害者の傷は癒されるべきだ。歴史の真実は生きている方々の証言だ。証人の声を聞こうとせず、政治的な利害のため、それを認めようとしないなら、孤立を招くだけだ。
 今も両国の国民は文化を通じて心を分かち合っている。人類普遍の良心と戦後のドイツなどの前例に従い、協力と平和、共栄の未来に進むよう日本政府が過去の否定から脱し、真実と和解の新しい歴史を書くことを期待する。」

…巧言令色、荒唐無稽、我田引水、曲学阿世、自家撞着、牽強付会羊頭狗肉と言ったところか。

韓国の歴史認識、もといファンタジーに基づいた発言の時点で荒唐無稽の誹りは免れない。

日本は李氏朝鮮を併合したのは間違いないが、植民地とは意味が違う。

「真の勇気は過去を否定することではなく、歴史を直視し、育つ世代に正しい歴史を教えることだ。」とあったが、こういうのを自家撞着と言う。ならば日本統治時代に鉄道を六千キロ敷設し、小学校を四千以上作ってハングルの識字率を4%から46%に引き上げ、禿げ山に大量に植林し、人口も平均寿命も倍増させた。そういう歴史事実は何故伝えない?

「証人の声を聞こうとせず、政治的な利害のため、それを認めようとしないなら、孤立を招くだけだ」
ならば、朝鮮戦争慰安婦をドラム缶に詰めて「第五種補給品」呼ばわりしたり、在韓米軍慰安婦を自分の父親が国家ぐるみで管理していた事実も認めなくては言えた台詞ではない。
そういう「性奴隷」を日本に責任転嫁するのは牽強付会曲学阿世、我田引水と言ったところか。

http://goo.gl/WF15t

米軍が1944年にビルマにあった日本軍慰安所にいた朝鮮人慰安婦の聞き取り調査の結果を示した米国の公文書。そこに報告されている慰安婦は「性奴隷」ではなく、「売春婦」だった。それをねじ曲げ慰安婦=性奴隷とするのは羊頭狗肉だ。

また、ドイツと日本はやった事も違うし、戦後の反省の仕方も違う。ドイツは全ての罪をナチスに押し付けたが、日本は国全体でやった。一概に同じ土俵で比較するには無理がある。そんな事も判らないでよくも一国の首脳が務まるものだ。

一見まとめな話に見えるが、実際には厚顔無恥の精神で嘘を吐きまくったり自己矛盾の演説だった訳だ。


…尚、韓国が反発している河野談話見直しは慰安婦がいたかいなかったかの議論ではない。聞き取り調査した16人の証言の裏付けを取るという話に過ぎない。証言が他の客観的証拠により裏付けられたら日本は慰安婦の強制性を改めて認めると言う事だ。あくまで客観的証拠があれば、だが。大体被害者の証言だけが唯一の証拠でそれのみで断罪するのは前近代的なやり方だ。韓国では通用しても世界では通用しない。

それを慰安婦がいたか否かを再検討するかの如く報道するから話がややこしくなる。軍人の性の相手としての慰安婦が存在したのは誰もが認めている。元々軍人相手が前提なのだから、設置場所やら運営方法等で軍の関与があっても不思議はない。問題は慰安婦が強制的に動員されたか、単なる売春婦だったか、である。そして朝鮮人慰安婦が売春婦であった事実を示す史料が存在するのもまた事実なのである。