備えなくして憂いだらけの韓国軍

イメージ 1


昨日の記事で韓国イージス艦のとんでもない欠陥に触れたが、問題は海軍だけではなく、陸軍も同様だった…!

韓国陸軍の主力自走砲K9は、有事の際特殊目的弾の予備弾薬が足りず、戦争開始から1週間以内に無用の長物と化すとの指摘がなされたのだ。

イメージ 2


※K9自走砲

国政監査資料によると、韓国陸軍砲兵の最新型自走砲K9の「HE-BB(低抵抗〈ベースブリード〉榴弾)」と「DPICM-BB(低抵抗2用途改良型通常弾)」は、戦争開始から5-6日で在庫が底を突くことが分かった。

これらK9用特殊目的弾は、北朝鮮の射程砲を狙って前方配備されており、対火力戦で射撃手の役割を果たす。対火力戦とは、休戦ラインを挟んで双方の砲兵が全力を尽くす火力戦闘のことで、戦争初期の勝敗を左右する。

戦争開始から5-6日で、韓国軍の最新鋭K9自走砲は役に立たなくなる。高い金を払って量産したK9自走砲が、実弾が不足して戦争で使えなくなるというのは深刻な問題」との指摘がある。

それどころか南北の対火力戦の戦力にも大きな差がある。野砲の場合北朝鮮軍は約8500門あるのに対し、韓国軍は約5300門で、1.6倍の差がある。多連装ロケット砲は、北朝鮮軍の約5500門に対し、韓国軍は約200門にすぎず、北朝鮮軍の方が26倍も優位だという。

イメージ 3


※こう指摘されなかったのか?

「こうした状況で、韓国軍が敵と対火力戦を繰り広げ、勝負するというのは話にならない。至急、対火力戦に備える具体的な態勢と戦闘予備弾薬の確保案を検討すべき」と言う指摘は当然…と、言いたいのだが後述の如く話は簡単ではない。

これに対し韓国国防部は「HE-BBとDPICM-BBは8日分以上保有している。毎年、業者の最大生産量相当分を確保している状態で、2018年までには30日分以上確保する計画」と語った。 しかしそれらをクリアしても韓国軍の戦車は主砲が火を吹けばひっくり返るわ砲身が吹き飛ぶわ…弾薬が幾らあっても撃ち出す方にも問題があり過ぎる。

イメージ 4



イメージ 5


※韓国軍が砲弾を撃ち出すとこうなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00001624-chosun-kr

…日本のネットではこれに対し「弾薬が尽きる前にソウル陥落」と言った具合に戦闘になった場合間違いなく韓国軍の敗北に終わるとの見方が多い様だ。こんな防御体制では専門家でなくとも容易に辿り着ける結論だろう。

イメージ 6


※韓国軍にはそれも出来るか疑問。

韓国軍は昨年南スーダンでのPKOで弾薬が不足して自衛隊に借りた事があったが、そこから何も学ばなかったのだろうか?反日が国是」のこの国では自衛隊に弾薬を借りるなどそれを使おうが使うまいが、全部返そうがそれ自体が屈辱的な事でしかない筈だが…?

更に間が悪い事に韓国軍の戦車戦力の30%ほどを占める主力戦車「M47 パットン」、主力戦車「M48 パットン」系の旧式戦車は、時速10km~30km程度の低速運用のみが可能で、北朝鮮軍の主力戦車の装甲を貫通することは出来ないことが判明した。「枯れ木も山の賑わい」とは言うが余りに酷い。酷過ぎる。

これらの戦車は70年代に戦力化され、老朽化の為としているが、そうなる前に手を打つべきだったのは論を待たない。完全な怠慢としか言いようがない。しかも最近では維持費が急激に増加しており単なるお荷物以上に始末が悪い。

イメージ 7


※あっ、本音が…

韓国国防部は今年、新型対戦車ミサイル「ヒョングン」の常用に先立ち、教育用装備確保の予算として10億ウォンを策定したが、全額削られた(!)これにより、常用が1年遅れるとのこと。海軍に時代遅れのソナーを配備する予算があるならこちらに回すべきだったのではないのだろうか。

さらに、来年には、これまで運用してきた106mm無反動砲、90mm無反動砲の寿命が尽きる。

韓国軍が保有する対戦車兵器約4万6200基のうち、老朽化していないものは約360基(!)にとどまるとの事。一体どんな管理運用体制だったのやら?この体制自体にメスを入れない限り幾ら装備を変えても同じ事の繰り返しでしかないが、連中がそれを理解しているとは到底思えない

また韓国軍には「TOW」「9M131 メティスM」「パンツァーファウスト3」「M72 LAW」106mm無反動砲、90mm無反動砲の計6種類の対戦車兵器、無反動砲を装備しているが、このうち武器の寿命が満了していないのは「9M131 メティスM」、106mm無反動砲、90mm無反動砲の3種類だけになる。

イメージ 8


※あっ、本音がまた…

ところが、その使用可能な対戦車兵器では北朝鮮軍の主力戦車の装甲を貫通出来ない事実が判明した!

韓国軍による分析の結果、北朝鮮軍が約900両保有しているとされる主力戦車「天馬」の装甲を貫通できる対戦車兵器は、「9M131 メティスM」だけだったのだ!しかし韓国陸軍は「9M131 メティスM」は北朝鮮軍が約200両保有しているとされる新型主力戦車「先軍」の装甲を貫通する威力はない</b>と見ている様だ。
更に106mm無反動砲、90mm無反動砲には夜間観測装置が装備されていないため、夜間戦闘の遂行が困難だと言うから始末に負えない。

イメージ 9


※そうと知ったら本気で仕掛けるのかな?

http://gunzichannel.blog.fc2.com/blog-entry-14423.html

これでは北朝鮮の戦車にロクな抵抗も出来ずに蹂躙されるだけだ。こんなポンコツ兵器など幾ら数があってもこれでは何の抑止力にもならないのは明らかだ。今までよく無事だったものだ。

…韓国軍に平穏は来ない。

イメージ 10


※韓国にも言えるだろう。