民主的でない相撲協会


イメージ 1
※次はどう動く?

昨年から不祥事連発の大相撲、初場所も終わり、次の焦点は2月2日に行われる理事選になる。現執行部と貴乃花親方の確執が解消されないままでの理事選、貴乃花親方が出馬するのか否か?また貴乃花親方に同調する理事がどれだけ当選するのか?相撲界の今後を占う非常に大きな意味を持っている事は間違いない。

イメージ 2

理事選は票を集めれば当選、とはならない。評議員会に拒否権があるからだ。従って貴乃花親方が出馬し、どれだけ票を集めて当選しても評議員会議長が「反貴乃花」の池坊保子である以上、そうなる懸念は付きまとう。

それだけでも十分に「民主的とは言えない」システムだが、八角理事長はそうなった場合、

「後で決めれば良い」

と、誠実とは思えない回答を取材に対して答えたのだと言う。

貴乃花親方が出馬するのか?また貴乃花一派の他の親方が出馬するのか?は定かではないが、いずれにしてもルール上

貴乃花派を排除」

した理事選出はその気になれば可能なシステムだ。理事長と評議員会がグルなら何でもアリになる、そして「後出しじゃんけん」が罷り通るとんでもないシステムが相撲協会の現状なのだ。八角理事長にガバナンス能力が欠如しているのは明白だが、理事選出方法からどうにかしないと相撲協会の体質は変わりようがない。

コレでは貴乃花親方が幾ら頑張っても自身や一派の親方を含めても現状を打破するのは極めて困難であろう。世間の後押しが必要なのではないだろうか?八角理事長や池坊保子

「自分達のやり方では世間に通用しない」

と言う世論を突き付けるしかない。マスコミもアテにはならないので「草の根」から始めるよりないのだろう。…相撲協会の改革の夜明けは遠い。

イメージ 3
栃ノ心の初優勝は明るいニュースになるが、相撲協会の夜明けは遠い。