笑撃の平昌五輪開会式

イメージ 1
※いや、幾らなんでもそれは…

平昌五輪が開幕したが、開会式での笑撃。

イメージ 2

平昌五輪開会式、韓国の歴史と文化を紹介するアトラクションがあったのだが、そこに登場した「人面鳥」が衝撃、もとい笑撃を与えている。

イメージ 3
※別の意味で「インパクト満点」…

…見るからに仮装大会レベルの演出…としか思えないが、この人面鳥、朝鮮半島では「不死鳥」に位置付けられており、その「不死鳥」は

「平和な時代にしか現れない」

のだそうだ。要は

「平和の象徴」

としての演出だったのだろう。「平和」を志向するのは誰だって同じだ。その意思だけは「広い心で」受け止めておくべきか。

「『平和』どころか朝鮮半島こそ『戦争の危険』が最も高い地域ではないのか?」

と、言うツッコミが聞こえて来そうだが、それ以前の話として

「『平和の象徴』と言えば鳩ではないのか?」

と、言うツッコミも聞かれそうだ。

…かつては五輪開会式で鳩を放っていたのだが、


と、ソウル五輪開会式の際に「鳩の放鳥」と「聖火台点火」の手順を間違えた事が原因で

「鳩が聖火に焼かれて死ぬ」

と言う事故が発生し、それ以来「鳩の放鳥」はしなくなったのだと言う。

イメージ 4
※聖火に鳩が焼かれる決定的瞬間。

どうも韓国人は

「自分達の言動で自分達の理想を貶めている」

気がしてならないのだが、この人面鳥が「別の意味で」開会式の「主役」だったのは間違いなかろう。

《テレビではごく短時間映し出されただけ》

だったそうだが、流石にTV局も「視聴者の反応を忖度」したのだろうか?勿論ネット上での反応が「散々なもの」であった事は言うまでもない。

イメージ 5
※実在していたとしてもコイツ、絶対に飛べない…