ワクチン接種しても感染拡大しているシンガポールの謎

f:id:sennenryuuou:20211025052132j:plain
※何があったシンガポール

シンガポールでのコロナ感染拡大が洒落にならないレベルになっている。ワクチン接種率が8割を越え、制限を解除した所、感染が拡大し、結局来年からワクチン未接種者の出社禁止などかなり極端な政策を採る事にしたらしい。どうしてそうなった?

f:id:sennenryuuou:20211025052141j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/27fce20f3bd80ed9017384b509b629a7bdcd52ed

コロナ感染拡大による制限を解除した途端に感染拡大となるのはシンガポール特有の現象ではなく、英国でも新規感染者が1日5万人にもなるなど

「安易な制限解除=感染拡大」

と疑われる事例は他でも起きている。日本も一時期に比べたら大分下火になった感はあるが、ちょっと油断すれば英国やシンガポール同様の事態になってもおかしくはない。

シンガポールでは8割以上、英国でも6割以上がワクチン接種を済ませているが、何故こうなったかを明らかにしなければなるまい。こういう事こそ専門家会議の出番だろう。しっかり仕事をして貰いたい。

f:id:sennenryuuou:20211025052214p:plain
※その為の分科会。

単純に考えると

・ワクチンの効果がなかった
・ウイルスが変異してしまっている
・制限解除された行動に問題がある

等が考えられる。真っ先に疑われるのは「ワクチンの効果」だが、重症化、死亡化の割合は増えていない様なので「全くの無駄」と言う所までは言えまい。シンガポールの場合、記事にある措置は「医療崩壊を防ぐ為の措置」との事だが、ワクチン接種したにも関わらず感染する「ブレイクスルー感染」の割合も明らかにならないとハッキリした事は言えない。ワクチンの効果が接種する国の環境や接種する人種や民族によって差異が出るとでも言うのか?そういった要素があるならそれはそれで問題だが、それを明らかにするにはまた一から調査しなくてはならなくなり、まさに「振り出しに戻る」様なものだ。何処まで質が悪いんだ?このウイルス?

シンガポールで感染拡大しているのは「Δ株」と言われている。ファイザーやモデルナのワクチンはΔ株にも「有効」とされていた筈だが、一部変異して例えば「Δ'」とでも言うべき状態となり、その僅かな差がワクチンの有効性の有無の差に繋がっているのだろうか?

ワクチンの有効性と感染の有無との因果関係は明らかになっていないものの、結果から見れば

「制限解除された行動に問題がある」

疑いは残る。例えばマスクをしなくなる、こまめな手洗いやうがいを止める、そういった行動が体内のワクチンの効果を下げてしまうのだろうか?で、あるなら例えワクチンを接種したとしてもこれまでの行動パターンは維持しなくてはならなくなる。幸い日本人には「ワクチンを接種したからもう大丈夫」と言わんばかりに一気に行動パターンをコロナ前のそれに戻す人は少ないだろうから日本では今の所感染が下火になっているのだろうか?分科会にはこの辺りも調べて貰いたいものだ。

f:id:sennenryuuou:20211025052241p:plain
※それを忘れてはならない。

多くの人がワクチン接種を終えているが、ワクチンはそもそも「絶対の安全を保証するものではない」事は認識しなくてはならない。ワクチンを接種したからと言ってコロナ対策は終わりではない。それは政治がどうこうとは関係なしに自分で「自分の為に」やらなくてはならない。この様な海外の事例も参考にして先ずは「自助」から始めなくてはならないのである。

文在寅が日韓首脳会談に拘っても無駄な理由

f:id:sennenryuuou:20211024083856p:plain
※首脳会談実現の目は小さい。

東京オリンピック直前に文在寅の訪日、日韓首脳会談が取り沙汰されたが、結果として実現はしなかった。が、文在寅の奴は「日韓首脳会談に向けた実務交渉」を継続する様に指示をしていたと言う。…無駄な努力をするよりコロナ対策など「やるべき事」は山程あるのに。

f:id:sennenryuuou:20211024083836j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c94252cadfd09ec2c36aecf07a1f1feebc8f457

f:id:sennenryuuou:20211024083709p:plain
※少なくとも文在寅の狙い通りにはならない。

現在の日韓関係が険悪なのは誰の目から見ても明らかだ。文在寅

「問題があるからこそ首脳同士が腹を割って話す必要がある」

と言う。一見もっともにも思えるが、その問題が何なのか?そしてその原因を作ったのは誰なのか?文在寅は首脳会談云々と言う前にまずその回答を明確にする必要がある。

f:id:sennenryuuou:20211024083641j:plain
国際法の規定を無視して言う筋合いではない。

文在寅の奴は

「日韓請求権協定の解釈に食い違いがある」

と言う。日韓請求権協定にはその場合を想定した規定があり、日本はそれに基づいた措置を要請したが、それを無視したのは韓国だ。話し合いをするなら「日韓請求権協定の規定に基づく話し合いをする」と言ってみてはどうか?

だが韓国にそれは出来ない。理由は簡単で「日韓請求権協定と言うルール」が前提では勝ち目は100%ないからだ。だからルールを逸脱した形での協議をしようとしているのだ。そんな手前勝手を容認するどんな理由がある?日本が簡単に韓国の望む形の協議に応じない理由だ。

f:id:sennenryuuou:20211024083552p:plain
※だからコイツ等に「ルールを守る」と言う概念はない。

それは本音レベルでは韓国側も判っている筈だ。だが今までそうやって来たのだから今回も、と甘く考えていたのか?それとも更に一歩踏み込んでみたのか?いずれにしてもコイツ等からすれば日本の反応は想定外だったのだろう。だから連中は狼狽して有効な解決策を考えられず「自分達の主張を押し通す」事しか出来なくなっているのだろう。一歩でも退けば国民から「日本に妥協した」と反発は必至だが、「国民情緒法」などを許容して「法治」を放置したのは韓国だ。そのツケが回ってきただけの話で日本が何かしてやる類の話ではない。

f:id:sennenryuuou:20211024083531j:plain
※日本の対応の本質。

更に文在寅自身が行ってきた「反日」のツケ、と言う側面も勿論ある。そもそも韓国が行う「反日」に歴史的事実や法的な観点から見て「日本の落ち度」による物があるのか?と言うと答えは「否」である。それにも関わらず文在寅は無茶な「反日」を多数行ってきた。そのツケが回ってきただけの話で奴は知らないのかも知れないが、世間ではそれを「自業自得」「因果応報」「身から出た錆」と言う。何でそれに日本が手を差し伸べる必要がある?自分のした事のツケは自分で払え、それだけの話にしかならない。

ここに来て文在寅の奴が「日韓首脳会談」に拘るのはそういう意識の表れ、と見る事も出来なくもないが、「国際法に基づく解決」に言及しない以上、日韓関係改善の為の真摯な態度表明、と言うより「会談した」と言う既成事実の作成、と言う意味合いが強い、と見るべきだろう。それか「自分はこれだけ努力しているのに応じない日本が悪い」と言う為のポーズか。

いずれにしても今奴と首脳会談をした所で「会談した」と言う既成事実を作る以外の成果は見込めない。それでもやる意味があるのか?従って日本政府は日韓首脳会談に消極的なのである。勿論異論反論はあるかも知れないが、最低限その前提は踏まえた上で論評は行われるべきである。

無駄だと判らず「代位弁済」を検討する愚劣なる韓国

f:id:sennenryuuou:20211023102839j:plain
※やっぱり阿呆だ。

所謂徴用工問題における韓国大法院の異常判決を巡り、何故か今更になって

「韓国政府の肩代わり」

案が出てきている。「韓国政府が払っておしまい」の話でしかないのにここまで来るのに3年かかったが、如何にコイツ等が国際法に無知蒙昧で無能なのかがよく判る。が、それでもコイツ等は事態の本質は判っていない。やっぱり単なる阿呆でしかない。

f:id:sennenryuuou:20211023102849j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/0c1cfdc52e81d5c4a4431b4eb0dad82c26fcff81
f:id:sennenryuuou:20211023102908p:plain
※日本から反応は引き出せない。

韓国側としてはこれでも「譲歩案」「妥協案」のつもりなのだろうが、最終的に日本政府または日本企業が「カネを払う」事に変わりない為、日本としては「話にならない」話にしかならない。日韓請求権協定、と言う「国際法」に従えばそんな話は出てくる筈もないのだが、コイツ等には「国際法の重み」は理解出来ない様だ。

f:id:sennenryuuou:20211023103053j:plain
※四の五の言う前に国際法の意味を理解すべき。

日韓請求権協定でも「個人請求権」は存在するが、「相手国(及び国民)に対して行使出来ない」と言うのがその内容だ。要するに韓国じんなら正当な請求が出来るなら韓国政府に対して行え、と言う事だ。韓国では大法院の判決は司法の最終判断で法と同等かも知れないが、それはあくまで韓国内だけでの話だ。国際法と国内法では「国際法が優先」するのは常識で、国際法の履行義務を拒否するのに自国の国内法を根拠に出来ないのはそういう理由だ。それを認めるとどうなるか?韓国が今日本にやっている事がその答えだ。従って韓国の主張を認める、と言うのは日韓関係のみならず「国際法を全面否定」する事に繋がる。小さくは日本の憲法違反だし、極端な話、支那の侵略覇権主義を容認する事にも繋がる。あぁ、だから共産党あたりは「韓国と話し合い」と言う訳だ。

f:id:sennenryuuou:20211023103112p:plain
※これが「歴史的事実」

もっと言えば戦後の調査で朝鮮半島で実際に行われた徴用は245人だった事が判っている。しかもその期間は昭和19年の9月から翌年3月までのだった。一月平均35人、つまり1日平均1.16人の徴用だった訳だ。それが韓国人の言う

日帝の過酷な徴用」

の実態である。


f:id:sennenryuuou:20211023103233p:plain
※韓国にはそういう毅然とした対応は必須。

日本はこういう事実を証拠を添えて示す事は出来ても発信力が弱いせいで韓国の嘘出鱈目が罷り通る事になる。従って韓国の嘘出鱈目な主張は容赦なく叩き潰す、アホな提案には妥協どころか相手にもしない、と言った対応を貫徹しなくてはならない。「隣国だから」なんて甘い対応をしたから連中が付け上がる結果を招いた。そしてそれを当然と思っている。だからこそ日本は韓国に「これまでのやり方はもう通用しない」とその身体に叩き込まなくてはならない。韓国で議論されているこの「代位弁済」案を一蹴するのは当然で

「日韓請求権協定通り」

しか選択肢はない事を明確に通告しなければならないのである。

韓国が独自開発したロケットの打ち上げ結果は?

f:id:sennenryuuou:20211022082416j:plain
※結局は「失敗」だった。

韓国が「独自開発」と主張し、「Kロケット」と称していた「ヌリ号」は衛星軌道投入に「失敗」した。が、韓国メディアや関係者はその事実を認めたくないのか、あれこれ強弁しているが、その姿は滑稽かつ哀れにしか思えない。

f:id:sennenryuuou:20211022082439j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/46f0716aa7dbe8be3b08d9349860b4b0b7f698fc

今回の打ち上げは衛星を軌道に投入出来るかの試験的意味合いが強く、搭載されていたのはダミーだったと言う。従って寧ろロケット本体の性能の試験評価、と言う方が正確な表現かも知れない。

f:id:sennenryuuou:20211022082449j:plain
※「ヌリ号」は第一宇宙速度にも達しなかった。

報道によると失敗の原因は三段目のロケットのエンジンの燃焼が予定より早く終了した為だと言う。つまりこのロケットの燃料は固体燃料だった訳だ。固体燃料は取り扱いが楽だが、小回りが利かず、少しでも予定が狂うとこうなる。一方液体燃料は取り扱いは極めて慎重に行わなければならないが、小回りが利く、と言う点で固体燃料に勝る。韓国には液体燃料を取り扱う様な技術はまだだったのだろうか?

また、記事では

〈予定していた1秒当たり7.5kmの速度を出すことに失敗〉

と、あるが、本来の「第一宇宙速度」は秒速7.9kmである。つまりこの記事の記述が正しければ「ヌリ号」は最初から衛星軌道には乗れず、長大な放物線軌道を描くだけでしかなかった。まぁ大半は大気圏突入時に燃え尽きるだろうが、予定通りでも「失敗」だった事は明らかだ。何の為の打ち上げだったんだか?

「第一宇宙速度」とは早口に言うと

人工衛星に要求される最低速度」

で、これ以下の速度ではいずれ地球の重力に引かれて落ちてくる。それがどうして

「宇宙700kmの高度まで打ち上げただけでも凄いこと。宇宙に近付いた」(文在寅談)

なのか?この程度の事は高校の物理でも理解出来る話だが、そんな力学の基礎も判らないのに「ノーベル賞」とかどの口が言うのだろうか?

f:id:sennenryuuou:20211022082428j:plain
※失敗が明らかなのに打ち上げとは壮大な無駄。

記事は「日本も4回失敗している」と何故か引き合いに出しているが、日本初の人工衛星おおすみ」の打ち上げに至るまでは様々な試行錯誤を繰り返しての事だった。例えば1969年に打ち上げられたL-4T型は4段目の能力を抑えていたので、衛星の軌道投入の手法の確認は出来ても実際に衛星を軌道投入する能力は最初からなかった。ヌリ号も同様の狙いだったならまだ判らなくもないが、

「ダミー衛星を軌道に乗せるのは未完の課題として残った」(文在寅談)

である以上、最初から

「衛星(ダミー)を軌道投入する所まで」

がミッションだったのだろう。で、あればそれに至らなかった以上、誰が何と言おうが「失敗」である。日本の手法確認の為の試行錯誤と一緒にしないで貰いたい。

尚、日本のロケット技術は世界て唯一

「軍事的要素ゼロ」

である。日本に先駆けて人工衛星打ち上げに成功したソ連アメリカ、フランスはいずれも軍事技術の副産物としての開発だったが、日本は純粋な民生技術として開発に成功した点で他国と大きく異なる。

f:id:sennenryuuou:20211022082503j:plain
※日本初の人工衛星おおすみ

いずれにしても「ヌリ号」は韓国の技術の集大成として打ち上げられたのだろうが、どうやらそれは「50年前の日本の技術と同等かそれ以下」でしかなかった様だ。次は来年の5月に打ち上げ予定だと言う。文在寅の退任記念のレガシーにすべく全力で取り組むのだろう。そうなるのか?それとも「文在寅の退任祝いの世界最大の打ち上げ花火」になるのかは未知数だが、失敗して日本に迷惑をかける真似だけは止めて貰いたいものだ。さて、どうなる事やら?

日韓関係、文在寅は燻り出されてくる

f:id:sennenryuuou:20211021103549j:plain
※だったらさっさと「国際法遵守」と言ってみたらどうか?

韓国外相の鄭義溶は国会による国政監査で先日の岸田首相と文在寅の電話会談について

文在寅の日韓関係改善に向けた意志は強い」

とし、岸田首相との初めての電話会談も

「とても良かった」

と、述べたそうだ。外相とは思えない楽観的観測、願望でしかないが、これが韓国の外交感覚なのだろうか?で、あれば閣僚クラスでも話にならないレベルの低さだ。

f:id:sennenryuuou:20211021103558j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba57f60a4b5042fff1cec730a6857fb10c96a388

f:id:sennenryuuou:20211021103607j:plain
※韓国のやる事などその程度。

先日の電話会談の「何が良かった」のかすら謎だが、鄭義溶の言う通り「文在寅の日韓関係改善に向けた意思は強い」のであれば即刻無条件に

「問題は国際法に基づいて解決する」

と明言されていなくてはならない。既に用意されている解決策を無視してゼロベースから「新たな解決案」とかあり得ない。が、現実問題として奴はそんな事は一言も言っていない。大体奴は政界入りする前は「人権派弁護士」だったのだから「法の重み」は知っていて当然である。従って奴の口から「日韓請求権協定に基づいて解決」と言う言葉が出てこない以上、

「疑ってかかる」

のは日本としては当然の対応である。

f:id:sennenryuuou:20211021103824p:plain
文在寅には「法の遵守」か「制裁」しかない。

奴が仮にそういう類の発言をしたとしても、それを額面通りに受け取って信用する日本人はいない。それもこれもこれまでの奴自身の言動が原因なのだから同情も何もあったものではない。自分に全責任があるのだから自分でどうにかしろ、と言う事だ。

f:id:sennenryuuou:20211021103716p:plain
文在寅にはどちらも茨の道。

つまり文在寅が「日韓関係の改善」を本気で目指すなら、まず「言動を信頼して貰う」事から始める必要がある。ゼロからではなく「マイナスからの」スタートだが、信頼を一朝一夕で得られる筈もない。奴の任期中には絶対無理な話になるが、奴にその気があれば退任直前に韓国政府として自称元徴用工に現金をばら撒き、解決を宣言する、と言う真似も不可能ではない。この場合、国内の反発は凄まじいものがあるが、本人は退任して逃亡、後は野となれ山となれ、である。その後は後任がどうするかお構い無し、と政治家としては無責任極まりないが、そういう事も不可能ではない。

f:id:sennenryuuou:20211021103848p:plain
※日本は焦る必要はない。

いずれにしても日韓関係をこのままにして退任するのは通常ではあり得ないので文在寅には退任前の「最後っ屁」が要求される。内容や効果に関わらず文在寅には「日韓関係で一手」打たなくてはならないのだ。だとすれば日本は焦る必要はない。おかしな真似をすれば「カウンター制裁発動」準備さえ整っていれば良い。最終的には韓国から動くしかなくなるのだが、そこまで踏まえて「日韓関係改善に本気」なのだろうか?だが、文在寅の場合、既に手遅れ、と言っても過言ではない。その辺りの状況認識が正確に出来ずに何が「外交」なのか?こういう所からも韓国の政治家のレベルの低さは明らかなのである。

またもや不祥事の立憲民主党

 
 
※言い逃れ不可能。
 
立憲民主党にまたもや不祥事だ。立憲民主党から兵庫6区で出馬する桜井周、演説会やら事務所開きの際に「ナチス式敬礼」を彷彿とさせるポーズを取る者が複数存在したと指摘され、当人が謝罪する事態となった。どうして立憲民主党にはこういう「非常識」なのしか居ないのか?

 

 
立憲民主党では日常茶飯事だが。
 
冒頭の画像を見れば一目瞭然、言い逃れ不可能なレベルだと言えるだろう。「そういう意図はなかった」などと言う言い訳は通用しない。政治家であるなら「李下に冠を正さず」と言う精神がなければならないがコイツに限らず立憲民主党にはそういう配慮に欠けたのが余りにも多い。そんな集団で政権を担うどころか政治に関わろう、と言う姿勢からして根本的に間違っている。立憲民主党は「そこから自分達を見つめ直さないと国民の支持を得る事は出来ない」と受け止めるべきである。
 
これが欧米であればこれ一発で落選どころか「政治生命の終了」が約束される。それ程重大なレベルの非常識な行為だった訳だが、日本はそこまではいかない。寛容過ぎるのか?この手の問題に対する意識が希薄なのか?何でもかんでも欧米並みの感覚、とは言わないが、公職経験があるなら当然の常識としておかなくてはならない事は論を待たない。
 
 
※代表からして…
※副代表も。
 
そもそも立憲民主党とは「常識」に欠けた人間が作る政党なのだろう。枝野幸男は歩道の点字ブロックを塞いで街頭演説、辻元清美福祉車両優先乗降スペースを塞いで街頭演説を行うなど問題行動は挙げればキリがない。こういう最低限の配慮も出来ないのに「まっとうな政治」など期待する方がどうかしている。コイツ等に出来るのは「末等な政治」でしかない。しかもそれは予測などではなく、10年前に実証済みの話だ。そんな明白な事実を目の当たりにしておきながらコイツ等を支持したり、投票すると言う思考、行動からして理解不能だ。「自民党でなければ」と言う理由からであるなら尚更である。
 
 
立憲民主党の化けの皮は既に剥がれている。
 
それに輪をかけて「共産党と共闘」など一見聞こえは良いが、そもそも共産主義においては「自由」「人権」「民主主義」など存在しない。それらは憲法で保証されているものだが、根底ではそれらを否定する様な輩と組もうなんて時点で「看板に偽りあり」を自ら証明するのと変わりない。コイツ等の言う「立憲」とは「憲法の精神を擁護する」事ではなかったのか?理由が何であれ、共産党と組む時点でそれを放棄したと言っても過言ではない。立憲民主党共産党のトップが20年近く同一人物のままで、しかも党員の直接投票で選出された訳ではない事についてどう思っているのか?民主主義の観点から是非とも見解を述べて貰いたいものだ。
 
いずれにしてもこんな連中を議員にする事自体が「壮大な税金の無駄遣い」でしかなく、その意味では集団である分、無免許運転で当て逃げして議会をバックレたままの都議より始末が悪い。しかも木下富美子は都民の税金の問題だが、立憲民主党から国会議員を出す事は国民全員の税金が無駄遣いされる、と言う意味である。議会に出ているからと言ってもやっている事がスキャンダルの追及ばかりで「国家国民の為の議論」をしていないなら欠席とどう違うと言うのか?意味合いとしては変わりない。
 
だから立憲民主党やそれと共闘する国賊野党は政治には「無用の存在」なのである。コイツ等に投票する必要などない。「まっとうな政治」を望むなら先ずはコイツ等に退場して貰う事が一番の近道である。

 

 

狂気の沙汰の支那「国恥地図」

f:id:sennenryuuou:20211019084457j:plain
※狂気の沙汰。

支那に「国恥地図」なる代物があるらしい。古くは中華民国時代に作製された物もあるらしい。現在では支那の小学校の教材にまで登場するこの地図、支那の異常性を証明するには十分過ぎる程である。

f:id:sennenryuuou:20211019084506j:plain
f:id:sennenryuuou:20211019084516j:plain
f:id:sennenryuuou:20211019084527j:plain
f:id:sennenryuuou:20211019084536j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c505fa10196641fbea1497c926d6984d26168d6

記事の作者が入手したと言う「国恥地図」を拝借引用したのが冒頭の画像。要するにこの地図は

「かつて自分達が支配してきた領域」

を示しているのである。

f:id:sennenryuuou:20211019084709p:plain
※今に始まった事ではないが。

この手の地図は中華民国時代から作られていた、との事だが、当時の情勢から考えると中華民国がそこまでの領土的野心があった、と言うより

「かつてはここまであった領土が現状こうなってしまった」

と、国民を鼓舞したり、欧米列強への対抗心や危機感を煽る目的で作製されたのかも知れない。もしそうなら当時の中華民国国民の心情を理解するのには意味ある資料とはなるが、それだけの話である。

ところが現在では支那の小学校の教材に登場していると言う。邪悪なる支那共産党の事だ。この地図を

「かつてはここまであった領土が現状はここまで縮小してしまった。失われた領土は取り戻さなくてはならない。」

と、教育もとい洗脳しているのだろう。勿論この「国恥地図」にある「かつての領土」には明らかな独立国家が多数あり、当然ながら国際法上の権利を有している。それを支那だけの論理で覆すなんて真似は支那以外の世界全てが認めない。そもそも「征服」による領土拡張は国際法上「無効」なのだが、支那は「国際法を遵守するつもりなどない」と言う証明だ。支那共産党は「無法者」と言う言葉さえ生温い「外道」そのものである。

f:id:sennenryuuou:20211019084732j:plain
支那共産党はまさにそれ。

先述した様に、この「国恥地図」を作った中華民国国民の狙いが「欧米列強への対抗からのプロパガンダ」であるなら、支那共産党はそれを知ってか知らずか、結果論として「歪曲、曲解」してプロパガンダや洗脳に悪用している事になる。まぁ、コイツ等の事だ。知っていながら悪用しているのだろうが。

f:id:sennenryuuou:20211019084746j:plain
支那の狂気でどれだけの国が迷惑を蒙るか。

いずれにしても周辺国からすれば迷惑以外の何物でもない。支那に自分達の国を否定されている様なものだ。日本も例外ではなく、支那からすれば尖閣諸島や沖縄はおろか、奄美まで支那の領土、となる。これらは明らかな日本領土だが、これでも支那に迎合しよう、なんて言うのは単なるバカだ。そんなのが政治家にもいるから始末に負えない。幸い総選挙だ。支那に媚びる様な奴は政治に関わってはならない。党派を問わずそんな奴は選挙で政治から排除しなくてはならない。その「民意」を我々が示さなくてはならないのである。