コロナ感染拡大とオリンピックはどこまで関係ある?

f:id:sennenryuuou:20210730110356j:plain
※オリンピックとコロナ、どこまで関連が?

東京オリンピックでの日本選手の活躍が素晴らしい。これ程の活躍ぶりを見せてくれるのであれば例え緊急事態宣言下でもコロナ禍でも、無観客でも「オリンピックを見れて、やって良かった」と思う人もいるかも知れない。だが、実際にはオリンピックに合わせたかの様に新規感染者数は激増し、東京だけでも1日3000人以上、全国では1万人を超えてしまった。

「この感染拡大とオリンピック開催に関係はあるのか?」

当然沸いてくる疑問であろう。

f:id:sennenryuuou:20210730110407j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/0592cb15319b076182115259f53be518256d5c8e

『五輪関係者は最も頻繁に検査されており、パラレルワールドみたいなものだ。我々から感染を広げていることはない』

IOCはこう主張して「オリンピックとコロナ感染拡大は無関係」と強調するが、誰の目から見ても俄には信じ難い。不肖筆者の地元でも一目でそれと判る車で大会関係者が走っており、普通にコンビニで買い物をしたりしている光景も良く見る。それがダメとか言うつもりはないが、そういう所に接点がある以上、そういう感染経路の可能性は否定しきれない。まぁ、疑いだしたらキリがないのだが。

f:id:sennenryuuou:20210730110431j:plain
※やはり感染は若者がメイン。

一方読売新聞 の報道によると、60代以上の感染は劇的に減少し、感染の主体は若者となっている。ワクチンの効果が出ているのは明らかであろう。

また、上記グラフを裏付けるかの如く新宿や渋谷と言った「若者の集まる場所」での人出は前回の緊急事態宣言時と比べて10~20%増えていると言う。感染拡大の理由がここにあるならオリンピックと関係がある、とは言い切れない。しかも上記読売新聞記事にもある様に若者の感染が増えている、と言っても死亡したり重症化したり、と言ったケースが若者には少ないだけに口悪く言ってしまうと

「インフルエンザと同レベル」

程度に思われてしまっているのだろう。現にインフルエンザの感染が拡大しても日常生活に殆ど影響はない。そういう「意識の違い」に原因があるのではないか?

もっとも政府は最初から「死者を出さない」事を最優先に対処していた。一度出回ってしまったウイルスを完全駆除するのは困難だ。だから「感染しても回復出来る」前提の作戦を立てていたのだ。だが、マスゴミや野党は「ウイルスの完全駆除」前提の対策を求めているに等しい。感染しない努力は自助、共助、それでも感染してしまった場合の対応は公助、と言う住み分けを理解して周知させるのがマスコミの役目だった筈だが、連中はその仕事をしていない。そんな体たらくで政府を批判する資格はあると言えるだろうか?

そういう意味では政府の対策の意味を正しく伝えないマスコミにも感染拡大の責任の一端はあると言える。そしてそこにはオリンピックの開催云々はほぼ関係ない。我々はマスコミの報道を鵜呑みにするだけでなく、自助、共助は自ら行う必要がある事を認識して実践しなくてはならないのである。

良識なきニューズウィークの愚劣な記事

f:id:sennenryuuou:20210729113907j:plain
※「来なかった」のではなく「来れなかった」。

ニューズウィークが実に奇妙な見解の記事を出していた。東京オリンピックに合わせた文在寅の来日及び日韓首脳会談がお流れなった件、

文在寅が自ら有利な状況を放棄したオウンゴール

としているが、見当違いも良いところ、である。

f:id:sennenryuuou:20210729113916j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f0fa8b1a8724d815bc19d5d6089b7a20b6f5115

ニューズウィークは華麗にスルーしているが、日本が日韓首脳会談に消極的なのは

「韓国が国際法違反を是正出来ないから」

である。問題があり、それを解決する手段やルールがない状況で

「問題解決の為にまず対話」

と言うのは当然だが、所謂徴用工、所謂慰安婦の件については「解決」したと言う国際条約や合意がある。それらを無視したり「なかった事にして」新たな合意をする為の対話、そんなものはあり得ない。韓国の言う「対話」とはそういう事なのだが、ニューズウィークにはその理解がないのか?もしそうならニューズウィークは単なる阿呆でしかないし、判っていて敢えてスルーしたのなら「悪意を持って印象操作を試みた」事になる。それとも誰かに依頼されたのか?それならまだしも誰かを忖度してこんな記事にしたのなら「ジャーナリズムの放棄」に等しく、こんな連中にジャーナリズムを語る資格はないだろう。

とは言え、記事の言う通り、韓国側が「来日する」と言えば確かに日本に首脳会談を回避する選択肢はなかった。だが、首脳会談の目的とは何なのか?対面で挨拶するのが目的か?そんな気安いものではない事は間違いない。「問題解決の為に対話する」と言うのは言葉だけ見ればその通りだが、既に「解決済み」と国際法または国家間合意で定義された問題を新たな解決策が何故必要なのか?韓国側からその合理的理由について大統領からメディアに至るまで出てきた試しはない。そんな無意味な話し合いを「問題解決の為の対話」と言えるか?それが答えであり、正論だからこそ、他国、特にアメリカがこの件で日本に圧力をかける事はないのである。

f:id:sennenryuuou:20210729114050j:plain
※韓国に突き付けるべき宣告。

話し合いは重要だが、ただ闇雲にすれば良い、と言うものではない。最低限の前提と言うものはあるのであり、現在の日韓関係でのそれは

国際法を前提に話が出来るか?」

である。それがなければ幾ら文在寅の奴が来た所で意味はなく、それを指摘出来ないメディアや言論にも意味はない。今回ニューズウィークはその愚を犯した。恥ずべき事だが、自分達がそれに気付くかどうか?「ジャーナリズムの良識」が問われているのである。

五輪精神を理解せず失態を繰り返すMBC

f:id:sennenryuuou:20210728110702j:plain
※何処まで失態を繰り返す?

韓国MBCがまたやらかした。しかも今度は自国の選手に対してだ。

f:id:sennenryuuou:20210728110719j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/a48a664c97e9f8e125331243badb7aa93cf349a7

韓国の安昌林と言う選手が男子柔道73キロ級で銅メダルを獲得した。韓国で中継していたのはMBCだったのだが、MBCのキャスターは

「私たちが望んでいた色のメダルではないが」

と、発言。一応このキャスターは直後に

「これまで5年間流してきた汗と涙、それに対する対価は十分にこれでも満足できるだろう」

と、付け加えたものの時既に遅し。只でさえ先日からの放送テロで絶賛大炎上中であるにも関わらず更に燃料投下、と言う結果を引き起こした。

どの国、どの競技でも下馬評の段階でメダル獲得が有力視される選手はいるが、そういう選手が必ずメダルに手が届くとは限らない。そもそもオリンピック、と言う舞台である時点でメダル有力候補と言われる選手の実力は皆紙一重であり、そんな中でメダルを獲得するのは外野が思っている以上に大変なのである事は容易に想像出来るだろう。勿論選手は「国を代表して」出場している訳で、国民が期待するのは必然ではあるが、だからと言ってこの言い種はない。そもそもこのキャスターみたいに「金メダル=優勝」しか眼中にない、と言うのは「勝つ事よりも参加する事に意義がある」と言う近代五五輪精神に反する存在でしかない。MBCはオリンピックに関わる資格がない事を自ら証明した訳だ。

MBCの放送不祥事は開会式から僅か5日で3件目となる。社長が謝罪してもあまり意味がなかった模様だ。コイツ等はやはり東京オリンピックから撤退するよりない。「報道の自由」「言論の自由」が幾らあると言っても人間として守るべき最低限の一線、と言うのは存在するが、コイツ等はそこにさえ達していない。韓国人はこれ以上オリンピックで「韓国の恥」を晒す前にMBCを関わらせない様にすべきだろう。そういう世論が支配的になれば韓国では法律を越えるのは朝飯前なのだから。

「台湾」を封殺しようとしてしっぺ返しを食らった支那

f:id:sennenryuuou:20210727120305j:plain
※開会式での台湾の待遇は当然。

東京オリンピック開会式を世界各国のメディアが中継した。普通に、淡々と中継していれば良いものを余計な、特に政治的意図を絡めるとブーメランとなって自分達に跳ね返る。そういう愚劣な真似をしたのは只今絶賛大炎上中の韓国MBCが筆頭だが、他にもアホな真似をして即座にしっぺ返しを食らったアホは他にもいたのである。

f:id:sennenryuuou:20210727120314j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/c13ed36aaa4827ab9703a5d33d6fd8a43dccffdf

そんなアホな真似をしたのは支那。開会式での各国選手団入場の際、台湾選手団の入場シーン直後に何故か中継を切り替えたのだが、その煽りで肝心要、連中にとって最大の見せ場になる筈の「自国選手団の入場シーン」を放映し損なったのである。壮大なブラックジョーク、自業自得、身から出た錆、因果応報である。勿論観ていた一般国民からは非難轟々である事は言うまでもない。

f:id:sennenryuuou:20210727120519j:plain
※それが支那

理由は勿論明白だ。支那としては「台湾が独立国であるかの印象」さえも髪の毛程も可能性を許容しないから、である。だが、コイツ等のロジックが何であれ、それはオリンピックとは無縁の「政治的主張」でしかない。そんなもんを場も弁えず持ち出すどころか「自分達に都合の悪い見解は封殺する」と言う人類普遍の価値観に反する真似をするからこういうしっぺ返しを食らう破目になる。


f:id:sennenryuuou:20210727120601j:plain
※日本語順なら台湾の入場を支那の前に出来る。

従来のアルファベット順で「チャイニーズ・タイペイ」では支那の思うままだが、日本語順にする事で台湾の入場を支那の前に持ってくる事が出来た。画像は開会式当日の朝刊での入場順予想だが、見ての通り「チャイニーズ・タイペイ」でも日本語なら支那の前に台湾の入場を持って来る事が出来る。まさか、これが日本語順での入場にした理由だったのだろうか?それが全てではないだろうが、これも含まれていたなら日本は巧妙に支那に一杯喰らわせてやった形になる。逆に言えば支那は今回日本語順にした意図を見抜けなかった訳でしかも中継を遮断したタイミングから察するに反射的な反応だったのだろう。此方の意図を見抜いていたならこんなミスはあり得ない。従って連中は自国選手団の入場迄のタイミングも計算していなかった、と言う事だ。バカ丸出しである。

だが、こんな致命的ミスを仕出かしてしまった責任者は我々の知らない所で密かに処罰されるのだろう。国の面子を潰したに等しいのだから只では済まない。しかし、真に悪いのはその責任者ではなく、支那共産党及びその邪悪で歪んだ思想である。それが世界中に知れ渡るきっかけにでもなれば今回の台湾への待遇は更に意味を持つと言えるだろう。

何を言っても批判される哀れな議員

f:id:sennenryuuou:20210726113639j:plain
https://twitter.com/renho_sha/status/1419184149466816517?s=19
※何を言っても批判されるだけ。



東京オリンピックでの日本選手の活躍が素晴らしい。一国民として選手の健闘を称えるのは当然の反応ではあるが、


「オリンピック開催反対」

を公言しておきながら選手の健闘を称え、その言動の矛盾を指摘されると


「それとこれとは話は別」


政治家たる者がこんなご都合主義では堪らない。そういう愚劣な真似は「やはり」と言うべきか、この政党のお家芸である。

f:id:sennenryuuou:20210726113659j:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/4555eca69e1b84b99e883bb5177c1d97cc2ca587


そんな愚劣な真似をしているのは蓮舫。 コイツ等の言う通りオリンピックを中止若しくは延期していれば金メダルも何もあったものではない。現に開催されているオリンピックの競技や結果に言及している時点でその判断が正しいのかどうかはさておき

「オリンピック開催を追認」

しているに等しい。あくまで「現時点での開催に反対」なら日本選手がどれだけメダルを獲得しようが活躍しようが最初から言及すべきではない。それが政治家としての「筋の通し方」ではないだろうか?

蓮舫は「競技結果と政府の危機管理は別」と言うがそれが妥当かどうかはさておき、政府は自分達の危機管理体制が妥当、と考えているから「開催」を決断して現に開催されている。

「開催には反対だが、競技結果は問題ない」

ではどう考えても筋は通らない。まぁ、所詮は立憲民主党なのだからそういう「常識」を求める事自体が野暮なのだが。

この件に限らず立憲民主党は「何でも批判」と揶揄されてきた。自分達がそうである以上、

「自分達が何を言っても批判される」

事は覚悟しておくべきだ。もっともこじつけやら出鱈目で批判するコイツ等と違ってコイツ等に向けられる批判は「正論そのもの」だが。

コイツ等が何を言っても

「オリンピックでの日本選手の活躍に水を差す」

結果にしかならない。存在自体が日本の害なのだから当然の結果である。コイツ等が日本の為に出来る事は只一つ、

「沈黙して消え去る事」

である事は確かである。

韓国選手団が選手村に掲げた垂れ幕の意味

 

※結局何がしたいのか?
 
東京オリンピックに出場する韓国選手団が選手村に李舜臣の言葉を捩った垂れ幕を掲げたものの、「五輪憲章違反」と断じられ、撤去に追い込まれたが、コイツ等どういう訳か「第二の垂れ幕」まで用意していた。何しに日本に来たのか謎だが、この垂れ幕、本人達はこれで「反日」アピールしているつもりの様だが、実際には自分達の無知蒙昧を晒す行為でしかなかった模様だ。だったら好きにさせておくのも一手であろう。
 

 

 

 
※最初の垂れ幕。
 
最初の垂れ幕は李舜臣
 
「尚有十二舜臣不死」(=臣にはまだ12隻の船があり、私(=李舜臣)はまだ死んでいない)
 
を捩って
 
「臣には5000万国民の応援と支持が残っています」
 
だったが、李舜臣の活躍、と言えば朝鮮出兵に際しての時「だけ」なので明らかな「反日活動」の一環だとしか判断出来なかった。だからIOCに撤去を要請され、それに従わざるを得ない状況になった訳だが、今度は虎を朝鮮半島の形に準え、「虎が降りてくる」と書かれた垂れ幕を掲げた。
 
かつては朝鮮半島にも虎が生息していたらしいが、韓国人の中には「その虎は日本人に絶滅させられた」と信じている人も居るらしい。「朝鮮半島の虎」で有名なのは朝鮮出兵の際の加藤清正の「虎退治」の逸話であろう。この時加藤清正は「槍で虎を仕留めた」とも言われ、現在に伝わる彼の片鎌槍はその際に一部が破損してその姿になった、なんて言われるが実際には鉄砲を使って仕留めたらしい。槍は最初からそういう形に作られていた物である。いずれにしても韓国人は自らを「日本人に絶滅させられた虎」に準えて日本への恨みを表現している、と言う事だ。で、あればこれも五輪憲章違反ではないのか?
 
そうであれば撤去させて然るべきものではあるが、同時にこれは韓国人の無知蒙昧の証拠ともなる。五輪憲章違反ではあるが、その恥を晒す姿をそのままにしておくメリットと即時撤去させるメリットとどちらが大きいかは何とも言えない。
 
韓国人は漢字を捨ててしまったので「トラ」は漢字で「虎」とも「寅」とも書けてしまう。だからこの垂れ幕、見たままの意味の裏に
 
「寅が降りてくる」(=文在"寅"が降りてくる(=降伏してくる))
 
と言う意味があると解釈出来てしまうのである…少なくとも漢字を知っている日本人から見れば、だが。
 
※実際には「降伏」すらさせて貰えなかった。
 
周知の通り文在寅はオリンピック開幕に合わせて来日しようとしたが、自身の望む成果を得られる見込みがなく、来日を断念せざるを得なかった。韓国としては表向きはそうでなくても日本にすがってまで何とかして貰いたい事情があったものと思われるが、それすら叶わなかった訳だ。言わば「日本に梯子を外されて降伏すら出来ず自滅を待つのみ」となってしまったとも言えなくもない。ここに至るまでの韓国側の言動を見る限り「日本による半導体原料の輸出管理体制強化」をどうにかして欲しいのは明白だが、これこそ日本からすれば対韓外交での絶対的アドバンテージなのだから手放す道理からしてない。そういう意味では「助けて下さい」とでも言う「哀願メッセージ」だったからこそ用意周到に準備出来ていたのだろうか?
 
そういう「ネタ的解釈」を抜きにしても指摘の通り「自分達を鼓舞する歴史的名言」がこの国には「皆無」である事がこの垂れ幕の存在の裏返しである事は疑いの余地はない。と、言うかそもそも先の李舜臣の言葉、とされる最初の垂れ幕の文句、実はあれも「後世の捏造」だとも言われており、そうであれば「自分達が歴史捏造をしている」と言うアピールにしかならない。そうでなくても李舜臣は韓国では「抗日の英雄」かも知れないが、その最期は和議を結んで引き揚げる日本軍を勝手に追撃してその際に反撃され、流れ弾に当たって死亡、と言う英雄らしからぬ惨めなものだった。単なるテロリストに過ぎない安重根と言い、この国の英雄、とはそういうのしか居ない事が明らかになっただけだ。歴史を知らない民族とはかくも哀れな存在なのである。
 
コイツ等が何を考えていようが更なる五輪憲章違反の出来事を起こそうものなら即座に大会から国ごと追放する用意だけはしておいた方が良いし、コイツ等のしてくる事には大抵裏があり、その裏にこそ「歴史の真実」が隠れている。李舜臣とほぼ同時代の日本にはヨーロッパにまでその存在が知れ渡った人物や建造物が存在するが、朝鮮半島はどうであったか?韓国人はその意味を考えた方が良い。本当に当時の朝鮮半島が日本より優れた文化を持っていたなら何故それが西洋に伝わらなかったのか?日本の浮世絵は西洋の美術にも影響を与えた、と言われるがそれに比肩する様な朝鮮半島の文化とは一体何だろうか?こうして今日もコイツ等は「歴史の嘘」に酔うのであろう。一種の麻薬中毒みたいなものだと考えるのが妥当なのかも知れない。

更に悪質さを増す木下富美子の無免許運転事故

 

※クロなら逮捕案件。
 
免停真っ只中にも関わらず車を運転するどころか事故まで起こした事を隠蔽して都議選に当選→即雲隠れと卑怯極まりない木下富美子。奴に対する辞職勧告決議案が出席都議の全会一致で可決されたが、コイツはそれでも都議に居座るつもりなのか?
 
 
これまでに奴は過去3年間に免停を5回も食らっていた事が明らかになるなど根本的にモラルが欠如していた模様だ。更にコイツの起こした事故の被害者が取材に応じて
 
※間違いなく当て逃げ。
 
と、コイツが事故を起こして逃走を謀った事を証言している。これなら立派な「当て逃げ」であり、悪質さは倍増であろう。
 
更にコイツは2月に180日の免停を食らっていたがその後も何事もなかったかの如く運転をしていた疑惑が上がり、それは上がっている写真などを見る限りまず間違いなく「クロ」であろう。つまりコイツは「無免許運転常習者」であり、こんな奴に免許を与えてはならないし、免許がなくても人間として何かしら問題があるとしか判断出来ない。
 
更に事態はコイツ一人の問題には留まらない。選挙期間中でなくても都議の行動、特にこの手の不祥事が都民に判らない、と言うのは都民からの都議会への信頼に関わる。例えば免停以上の行政処分や加害者となった交通事故などは議会として問答無用で公表するシステムを作ってはどうか?また辞職勧告決議案には法的拘束力はないのでコイツが無視しても法的問題にはならない。この件で百条委員会でも作って強引にコイツを公の場に引きずり出す事は出来ないものか?出頭を拒否しても罰則があり、偽証すれば偽証罪にも問える訳だし。と、言うかそこまでしなければ都議会として都民に示しを付けられない。雲隠れしててもコイツには都民の税金が投入されるのだ。こんな事誰も納得などする筈もない。
 
警察も妙な仏心などコイツには持たない方が良い。ここまで悪質な運転をするのは稀だろうが、都議だからと言って手加減してそれが都民に判ると警視庁も都民からの信頼を失う。コイツは何処までも迷惑な存在でしかないのである。この悪循環を断ち切るには都議会、警視庁共にその行動に伴う「然るべき報い」を与えるよりない。木下富美子が都議から失職し、然るべき罰が確定するまでこの件は終わらない。