慰安婦賠償請求棄却判決に騙されるな

※裁判に訴えるだけ無駄。
 
自称元慰安婦が日本政府相手に賠償を求めて起こした訴訟、2件目の判決は前回とは真逆の結論になった。「評価する」と言うより「常識に従えば当然」と言うべき判決だが、韓国では物議を醸している模様だ。
 

 

 

 
※1月の判決が如何に異常だったか。
 
今回の判決と前回の判決を比べると同じ裁判所が出した判決とは思えない程真逆の内容だが、こういう事は担当する裁判官が違う以上、裁判ではよくある事でもある。もっとも素人目に見ても国際法や常識から考えれば今回の判決の方が妥当なのは言うまでもないが、そもそも所謂慰安婦問題は「日韓請求権協定で解決済み」なのだから「棄却」ではなく「却下」すべき案件である。まぁ、日本政府は裁判そのものを認めていないが、原告からすれば欠席裁判で負けたのだからこれ以上の屈辱はない。まさかその為にわざわざ「棄却」だったのか?いやいや、それが通用する相手ならそもそも裁判沙汰にはなっていないのだが。
 
この判決に先立ち、先の判決に基づいて裁判費用を確保すべく日本政府の韓国内資産を差押えようとした動きについてソウル地裁はそれを認めなかった。幾ら裁判所が
 
「訴訟記録の保存に関する決定で確定判決に影響はない」
 
と言ってもそれは書類上の話であって、原告からすれば勝訴が確定しても裁判費用は自腹で、しかも鐚一文にもならない、となれば手にしたのは勝訴判決の紙切れ一枚で、実質敗訴と変わらない。要するに裁判の判決如何に関わらずコイツ等の主張の核心である「日本政府からの賠償」には永遠に届かない訳だ。それが理解出来ないのは単なる阿呆でしかないが、そうでなければ最初からこんな事にはなってはいない。自分達で実体験しても理解出来ないのでは救いはない、と言うか1不可思議歩譲ってコイツ等の主張に一理を認めるとしても「救うにも値しない」のだが。
 
とは言え、この判決も2015年の慰安婦合意について「一定の評価」をしつつ「問題は外交努力で解決すべき」と意味不明な判示をしている。あの合意は
 
「最終的かつ不可逆的に解決」
 
したと確認しているのだから、合意そのものを認める以上、「新たな解決策」などあり得ない。ちょっと考えれば判る事なのだが、韓国のおかしな歴史観に思考回路を汚染されるとそういう単純な事も判らなくなるのだろう。ある意味麻薬より質が悪い。
 
この判決がそのまま確定するとは到底思えないが、それでも韓国政府を動かすだけの効果はあるだろう。今後予想される展開として訴訟は継続、韓国政府は対日交渉に乗り出す、と言うのが予想出来るが、日本政府としてはこの件の上級審判断がどうであれ、韓国政府の持ち掛ける如何なる交渉にも応じる事なく
 
「所謂慰安婦問題は解決済み」
 
の一点張りでお仕舞いである。この判決はある意味では当然と言えば当然なのだが、「新たな解決策」の呼び水にはならないし、してはならない。それ自体が日本の側から合意を「切り崩す」に等しく、それこそ韓国が狙っている事である。「無視」が必然的な唯一無二の対応である事は論を待たない。

自己矛盾に陥った韓国司法

※おい、何とかしろよ。
 
韓国ソウル地裁が自称元慰安婦が日本政府相手に賠償を求めて起こした訴訟、日本政府は「主権免除」理由に裁判そのものを認めていないが、韓国内では賠償判決が確定している。その為、この裁判の原告であった自称元慰安婦が資産差押えすべく韓国内の日本政府の資産の所在を情報開示するよう申請していたのだが、ソウル地裁は
 
国際法違反」
 
の懸念を通知したのだと言う。判決の異常性を裁判所自ら認める形になってしまった。
 

 

 

国際法上、「国内法は国際法不履行の正当化の根拠に出来ない」と言う規定になっている。この「国内法」には確定判決も含まれる。従って所謂慰安婦問題については日韓請求権協定や国家間合意とは言え慰安婦合意がある訳で、それらを反故にする根拠として先の賠償判決を根拠には出来ない。従ってこの判決に従って韓国内の日本政府の資産差し押さえるのは国際法違反となる可能性がある、と言うのが裁判所の主張である。まぁ、普通に当然の判断であるが、判決を出したのも、この通知をしたのも同じソウル地裁。それぞれの担当裁判官が違うのでこういう事にもなるのだが、これで事実上判決は紙くず同然となったに等しい。
 
だからと言って喜ぶにはまだ早いが、一応韓国の裁判官にも常識や良心がある人物が居たのだと言う事でもあるのでそれはそれでその意味では評価出来るだろう。だが、これで原告となった自称元慰安婦や韓国世論が収まる筈もない。文在寅が何らかの対応を求められるのは必然の流れであろう。判決を優先すれば国際法違反、国際法を優先すれば世論の反発を招いて只でさえ危機的な支持率の更なる低下に繋がり、自身の首を絞めかねない。こうなったのもコイツ自身の所業に原因があるので自業自得と言えなくもないが、いずれにしろ「司法に責任転嫁」で逃げられる状況ではないだろう。何せ司法がこの様に自分達の出した判決に責任を持てないのだから。
 
文在寅も韓国での弁護士資格を持っているのだからこのソウル地裁が出した通知の意味は判っている筈である。そういう意味でもコイツの良心が試される、とも言えるだろう。所謂慰安婦問題を国際司法裁判所に提訴しろ、と騒ぐ自称元慰安婦が居るが、そうした所で勝ち目がない事は明白であるし、ここで資産差押えなどしようものなら国際司法裁判所に提訴した場合、韓国に不利な材料となる。それもこれも韓国が「国際法を遵守しない」事に全ての原因があるのだ。国際法無視、反日無罪、そういう意味不明な論理を押し通すからこの様な自己矛盾に陥る。これに対する韓国政府の対応は見物であると言えるだろう。さて、どうするのか?

韓国あるあるの食材使い回し事件

※韓国あるある。
 
日本人からすれば「実に恐ろしい話」ではあるが、「韓国あるある」な話である。韓国・釜山の飲食店で「客に出したスープを再び鍋に戻す」と言う信じ難い従業員の行動の一部始終が撮影され、メディアで報道されている。恐ろしいのは韓国でもこの様な行動が物議を醸すにも関わらず「根絶されない」事であろう。
 

 

 

この画像を投稿した人物は店にその問題を指摘したのだそうだが、店側の回答は
 
「食べたものではないから大丈夫」
 
…そういう問題ではない事は通常の感覚からすれば明白なのだが。
 
しかも先月にも同じ釜山の別の飲食店でキムチの使い回しが生放送中のTVに映っており、物議を醸したにも関わらず、である。食材を大事にする、無駄にしない精神は必要だが、違うそうじゃない。方向性が完全に間違っている。
 
そもそも日本と韓国では「食品衛生」に関する基準が違うので日本の感覚でこういう問題を語っても仕方ない部分はあるが、これはそういう次元の問題ではない。
 
しかも記事を読む限り店側は平然と客に嘘を吐いている事になる。そういう体質はこの国では官民問わず染み付いているものだと判断するよりないだろう。これで一体何を信用しろと言うのだろうか?
 
SNSが浸透した現代では飲食店で限らず自分の行動が何処で誰にどう見られるのか判ったものではないし、それがネットで簡単に拡散される事は十分にあり得る。そういう危機感がこの飲食店でからは何も感じられない。こういう事はこの国では「それ位当たり前」の事なのだろう。一般人レベルで考えても「同じ価値観を共有している」だなんて間違っても言えない。こういう事は韓国に対して「自分達と同じ」考えている人にこそ知って貰いたい。現実を知るのは時として残酷な事になりかねないが、それが必要とされる事もまたあるのだ。そういう意味ではこういう「日本と無縁の話」でも周知する必要があると言えるだろう。

自らの分を弁える事も出来ない韓国メディア

※責任転嫁しているのはお前らだろうが。
 
先日行われた日米首脳会談を憂慮しているのは支那だけではなかった。支那は日米同盟の「敵そのもの」なのだから当然と言えば当然だが、以下の記事の通り韓国でも日米首脳会談を憂慮する声が上がっている。もっともその理由は愚劣この上ないのだが。
 

 

 

韓国が日米首脳会談を憂慮するのは韓国も「その標的となっているから」ではない。日米が親密である程「アメリカは日本寄りになって韓国の対日要求に支障が出る」からだとしている。要するに自力では日本の譲歩は期待出来ないからアメリカの協力を得たいが、この様に日米蜜月となってはそれも叶わない。と言う憂慮なのである。この時点でコイツ等を「味方」だと考える方がどうかしているレベルの話であると言えるだろう。
 
アメリカの態度がどうであれ日韓の外交問題で韓国に理があるなら堂々と自らの主張をすれば済む話だ。それが出来ないのは「日本の主張に理がある」からに他ならない。こういう記事が出る時点でそれを認めているに等しいのだが、韓国はそれを理解していないらしい。その上文在寅「外交の天才」なのだからアメリカが日本の肩を持とうがどうにか出来るのではないのか?米韓首脳会談も予定されていると言うのだから日米首脳会談の結果に関わらず「外交の天才」文在寅はその場でどうにでも出来る、と言う余裕はないのか?コイツ等の実力とはこの程度なのである。バイデンの副大統領時代の日韓関係への関与の実績を見れば文在寅の主張に理解を示して韓国が望むような結果にならない事は現時点でも明白だ。そんな状況分析も出来ない時点で韓国は官民揃って終わっていると言えるだろう。そもそもこの様な憂慮そのものに意味がないのだが。
 
そもそも所謂慰安婦問題にしろ、所謂徴用工問題にしろ、国際法を理解していれば韓国の肩を持ちようがないのは明白だ。「責任転嫁」以前の問題で、その「責任転嫁」をしようと目論んでいるのは韓国である。主張するのは自由かも知れないが、最低限のルールや前提は把握してからにすべきであろう。韓国はそこからして間違っている。それを弁えるまで相手にする必要はないし、アメリカもそうするのではないだろうか?韓国はまず己の分を弁えるべきである。

 

支那共産党の反発する事は「正義」である

支那風情に切り崩しは不可能。
 
日米首脳会談が行われ、台湾についての言及や、香港、ウイグルでの人権問題への懸念などが共同声明盛り込まれた。口先だけでは意味がないので実行する事が求められるが、支那早速これに反発しているが、その文句はいつも通りの「痛い所を突かれた」法則のままであった。
 

 

 

支那が他国の声明に反発し、
 
「強烈な不満と断固たる反対」
 
と言う場合、その声明が指摘する支那の問題は事実であり、人類の正義に反するものである。支那共産党は「正義」と言う言葉から一番縁がない人類の組織の一つなのだから今回の日米共同声明も「正義」そのものであり、それを捨てて支那に媚を売るのは悪魔に魂を売るのと同義である。
 
そもそも支那共産党が台湾を実効支配していた事実は一切合切ない。それがどうして「一つ」と言えるのか?一応支那の言う「一国二制度」を尊重するとしてもそれはあくまで「自国民の権利を保障していれば」の話であって香港の様に統制目的で自ら国際的に約束した「香港の自治」を破壊し、自分達の言う「一国二制度」を破壊するのでは尊重もへったくれもない。そしてウイグルの様に「ホロコースト同然のジェノサイド」をやっているのでは尚更である事は論を待たない。
 
国による制度や考え方の違いを認めるとしてもそれを理由に「他国の干渉」として全てを拒否出来るならそもそも国連の存在意義はない。国連何処まで役に立っているか?と言う問題はさておき、支那は一応「国連安保理常任理事国」だが、その立場でそう言って国連の存在意義を否定するなら常任理事国を辞退して国連も脱退すべきであろう。我儘勝手が通らないのは個人でも国家でも話は変わらない。
 
こういう相手に目先の利益に囚われて大局を見誤るのは愚行にしかならない。テーマが政治でも経済でも同じ事だ。そもそも支那をこの様にのさばらせた原因は日本にもあるのだからその責任は果たさなくてはならない。そういう意味でも他国頼みばかりではなく自分達で動かなければならないのだ。憲法改正等、その気になれば出来る事は沢山ある。それらを実行する事が「正義」である事を我々国民も認識しなくてはならない。繰り返すが支那共産党は「邪悪なるもの」そのものなのだから。
 
 

韓国学生の愚劣この上ないパフォーマンス

f:id:sennenryuuou:20210417050535j:plain

※コイツ等本物の阿呆。

 
韓国で救いのない阿呆集団が現れた。福島第一原発の事故処理水の海洋放出に反対すべくソウルの日本大使館前で菅首相のお面を被った人物に「海洋汚染水」と書かれた水を掛けるパフォーマンスをした、と言うのだ。韓国人がやりそうなパフォーマンスだが、愚劣この上ない事だけは確かである。
 

f:id:sennenryuuou:20210417050609j:plain

 

 

そんな阿呆な真似をしたのは学生だと言う。そんな事をしても何の意味もなければ伝わる物もない。取材する方も取材する方でこんな馬鹿げた真似を記事にした所で韓国の恥を世界に晒し、日本人の嫌韓感情を増やす効果しか生まない。記事を書くのも内容も自由だが、それが発信される事でどういう効果になるのか考えなければ何にもならないが、コイツ等にはそういう発想はないらしい。
 
福島第一原発処理水はそれを「1日2L飲んだとしても」人体に影響がないとされるレベルの基準の40分の1まで稀釈した物を海洋放出するとされている。反対論を掲げるのであればその意味を理解してから主張するなりパフォーマンスを実行すべきであろう。学生ならその本分は「勉強する事」なのだからそれ位自分達で調べる事は十分に可能だ。こんな事をする時点で余程の暇をもて余しているのだろうが、その時間はそうやって有効活用すべきであった。
 
勿論「日本大使館前」と言う場所もミソで、こういう真似を仕出かすからには相当大騒ぎした事は容易に推察出来る。当然「大使館の安寧」を保証したウィーン条約に抵触する行為になる事は言うまでもない。「韓国は国際法を守らない」と言う日本の主張を自ら立証してくれている訳だ。その意味では「反日パフォーマンス」をしているつもりでも「親日効果」になってしまっている。それが判らない、と言うのはコイツ等の脳味噌のレベルを疑うと共に十分に「軽蔑する理由」として成り立つ。実際に掛けたのは只の水だろうが、仮に100%の純度の処理水そのものだとしても掛けられても少なくとも理論的には何ら影響はない。逆に「安全性のアピール」にしかならないのだが。
 
いずれにしてもコイツ等が正常な思考回路を持ち合わせていない事だけは確かである。こんなのをまともに相手にする事自体が根本的に間違っているのだ。そういう主張をする日本の左翼や国賊野党も所詮は同じ穴の狢でしかない。だからこそコイツ等には
 

f:id:sennenryuuou:20210417050447j:plain

※日本人の常識とすべき。
 
と言う「非韓三原則」が基本となるべきなのである。

 

 

 

科学的知識を無視する韓国の異常性

 

※またブーメラン?
 
福島第一原発の処理水の海洋放出について韓国政府は国際訴訟に出る事を検討していると言う。自分達も同様の事をしておきながら日本がやる場合には訴訟、と言う時点で噴飯良い所だが、更に韓国へのブーメランとなるのがこの
 
「政府TFによる報告書」
 
の存在である。勿論韓国メディアの報道によるものである。
 

 

 

その報告書によると処理水浄化に使われるALPSについては「性能に問題なし」、環境への影響についても「妥当」とする内容であったと言う。韓国の専門家による会合の結論だそうだが、それを無視して素人の感情を優先すると言うのだからコイツ等の厚顔無恥には別の意味で感心してしまう。
 
放射線にも色々種類があるのだ。
 
ここで問題になっているALPSでも除去出来ない「トリチウム」だが、これから発せられる放射線β線だそうで、β線は上記画像の様な薄い金属板や1cmの厚さのプラスチック等で簡単に遮蔽出来ると言う。人間の皮膚は通過出来ないらしい。また、射程も短く、海洋放出しても然程影響がない、と言われる理由はそこにあるのだが、そもそも放射線にも色々種類があり、性質がそれぞれ違う事は多くの人が知らない。そもそもβ線は癌の放射線治療等、使い方によっては有益な場合もある訳で、一律に「放射線は危険だ」とか放射線の種類による性質の違いとかを周知していない政府やマスコミにも問題があると言えるだろう。危険性が叫ばれるのはγ線中性子線なのだ。
 
福島県への風評被害を払拭し、寄り添う第一歩は「放射線に対する科学的知識を周知させる事」であろう。国賊野党や一部メディアの様にただ騒ぎ立てるだけでは韓国のしようとしている馬鹿げた事と変わりはない。コイツ等は自分達も同様の事をしておきながら、そして海洋放出が可能な科学的根拠を知っていながらこの様な真似をしているのだ。偽善どころの騒ぎではない悪質極まりない所業である。こんな奴等をまともに相手にしてはならないのは論を待たない。読者様諸兄も是非ともこの様な科学的知識を周知する為の協力をして頂ければ幸いである。